日本語 / English

about us

福岡県知事認証NPO法人

福岡市認定NPO法人

厚生労働省認定個人情報保護団体 (事業は2017年1月末で終了しました)

NPO法人患者の権利オンブズマンは、1999年6月に創立され、同年12月に特定非営利活動法人(NPO法人)として認証を受けた市民団体です。その目的を「患者の権利を促進し保健・医療・福祉システムの改善と質の向上をはかる」と定款に定め、6つの非営利活動を行っており、これらの事業が全て無報酬のボランティアにより担われています。

(1)相談員による相談および支援事業

(2)オンブズマン会議による苦情の調査・点検・勧告に関する事業

(3)医療・福祉施設内における苦情処理システムの研究と提案に関する事業

(4)研修会・講演会の開催や情報紙誌発行による研修および広報事業

(5)患者の権利擁護システムの調査研究および患者の権利運動の国際交流

を促進する事業

(6)認定個人情報保護団体としての事業

患者の権利オンブズマンでは、患者・家族自身による苦情解決に向けた自立的行動を支援するため、市民相談員と専門相談員(法律、医療・福祉)が活動しています。面談相談において助言を行うとともに、①同行支援 ②記録検討支援 ③薬害調査支援 などの活動を行っています。

患者・家族の苦情に対する調査・点検・勧告事業を行うオンブズマン会議は、医療・保健・福祉・倫理・法律など患者の権利に関わる専門家と一般市民からなる15人のオンブズマン会議メンバーによって構成されており、申し立てられた苦情について調査点検を行ったうえ、オンブズマン会議としての意見を申立人と苦情の相手方である医療機関に提示しています。

さらに、2007年4月からは診療記録不開示苦情調査も実施しています。